介護保険制度のしくみ


介護保険制度とは

高齢化社会を迎え、介護が必要な高齢者が急速に増え、介護が必要になった方がその能力に応じ自立した生活を営むことができるよう介護を社会全体で支え、利用者の選択したサービスを利用することができる制度です。 運営主体は、市区町村で、40歳以上の方々が加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要になったときに介護サービスが利用できるしくみです。

介護保険の財源は

介護保険制度を運営するのは、市区町村です。
介護保険の運営に必要な財源は、40歳以上の人が納める保険料と公費によって賄われています。

介護保険に加入する人とサービス利用について

  65歳以上の人
(第1号被保険者)
40歳~64歳の人
(第2号被保険者)
サービスを利用できる人 病気やけがの原因にかかわらず介護が必要だと認められた人 初老期の認知症や脳梗塞など老化に伴う病気(特定疾病)によって介護が必要になった人
介護保険証の交付 65歳のお誕生日を迎えると市区町村から交付されます 要介護認定を受けた人に交付されます
保険料 年金が年に18万円以上の方
年金から天引きされます 年金が年に18万円未満の方
市区町村に個別に納めます
医療保険の保険料に上乗せして医療保険者に納めます


トピックス「特定疾病とは?」

  1. 初老期の認知症
    アルツハイマー病、脳血管性痴呆、クロイツフェルト・ヤコブ病など
  2. 脳血管疾患
    脳出血、脳梗塞など
  3. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  4. パーキンソン病関連疾患
  5. 脊髄小脳変性症
  6. シャイ・ドレーガー症候群
  7. 糖尿病性腎症・糖尿病性網膜症・糖尿病性神経障害
  8. 閉塞性動脈硬化症
  9. 閉塞性肺疾患
    肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息
  10. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  11. 関節リウマチ
  12. 後縦靱帯骨化症
  13. 脊柱管狭窄症
  14. 骨折を伴う骨粗鬆症
  15. 早老症(ウェルナー症候群)
  16. がんの末期

介護保険制度のしくみ


介護保険トップページへ