介護保険の申請からサービスを利用するまで

介護保険サービスを利用するためには、「要介護認定」の申請が必要です。
介護保険は医療保険と異なり、介護健康保険証を持っているだけでは、介護保険サービスは利用できません。
また、「要介護認定」には有効期間がありますので、一度認定を受けた方も、有効期間を確認のうえ、更新申請をしましょう。

介護サービスは利用者がサービス提供事業者を選定し、個別に利用契約を結ぶことになりますので、直接事業所に出向いたり、契約書の記載事項をよく確認することが重要です。
利用しているサービスに不満がある場合は、ケアマネジャーやサービス事業者の相談窓口に相談しましょう。


介護保険でサービスを利用するまでの流れ図

 
 介護保険でサービスを利用するまで  
 
 申請
本人または家族が、市区町村の介護保険担当窓口に「要介護認定」の申請を行ないます。 地域包括支援センター、省令で定められた指定居宅介護支援事業者や介護保険施設などに申請を代行してもらうこともできます。

必要な書類
  • 要介護認定申請書
  • 介護健康保険証(65歳以上の方)
  • 健康保険証(40歳~64歳の方)
 訪問調査
市区町村の職員などが自宅を訪問し、心身の状況について本人・家族から聞き取り調査を行ないます。

基本調査
  • 心身の状況、日中の生活状況、医療に関する事項
概況調査
  • 家族環境/住宅環境等
特記事項
  • 調査員が訪問調査時に状況把握したことを記入し、基本調査の内容を補います。
 第一次判定
訪問調査に基づき、全国統一した判定基準でコンピュータによる判定を行ないます。
 第二次判定
訪問調査の結果、特記事項、主治医の意見書をもとに、保健・医療・福祉の専門家による「介護認定審査会」がその人の介護の必要性と必要な介護の段階を総合的に審査します。
 要介護認定
要介護認定
 認定結果の通知
認定結果は、原則として申請日から30日以内に本人に通知されます。
介護認定審査会の認定に基づき、市区町村が「認定結果」「認定の有効期間」等を記入し、本人に通知されます。
なお、認定結果に不服がある場合は「介護保険審査会」に申し立てができます。

更新申請について

  • 要介護認定の有効期間は原則として12ヶ月です。引き続きサービスを利用する場合は「更新申請」が必要です。
  • 有効期間満了日の60日前から満了日までの間に、市区町村の窓口で更新申請を行ないましょう。
  • 身体状況に変化があった場合は、有効期間内でも認定区分の変更を申請しましょう。
 介護サービス計画(ケアプラン)の作成
本人または家族の要望に基づき、居宅介護支援事業者のケアマネジャーまたは地域包括支援センターの保健師等が「どんなサービスをどれくらい利用するか」などの介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。
※ケアプランの作成については、自己負担はありません。
 介護サービスの利用
  • 介護保険サービスを利用するには、個別に「介護サービス事業者」と契約することになります。
  • 介護保険サービスは現物給付になります。要介護度によって給付額が異なります。
  • ※詳細は市区町村の介護保険担当窓口までお問い合わせください。



    介護保険トップページへ