地域支援事業の介護予防サービス

介護保険を申請し、「非該当」になった方や生活機能が低下し、将来的に介護が必要になるおそれのある方は、市区町村による地域支援事業の介護予防サービスが利用できます。
転倒・骨折などにより徐々に生活機能が低下していく場合がありますが、適切なサービスを利用することにより、状態の維持・改善を図ることが可能だといわれております。


介護予防サービスの利用について

  • 健康診断や主治医または民生委員などからの連絡により、介護が必要になる高齢者を把握し、地域包括支援センターにて、介護予防サービスの対象者を選定します
  • 地域包括支援センターの保健師などが、本人の状況をアセスメントした後、ケアプランを作成のうえ、介護予防サービスの利用となります


地域支援事業による介護予防サービス


運動器の機能向上 理学療法士などの指導により、ストレッチや有酸素運動、筋力トレーニングなどを行ないます。
栄養改善 管理栄養士などが低栄養を予防するための食べ方や食事作りなどを指導したり、情報提供を行ないます。
口腔機能の向上 歯科衛生士などが歯磨きや義歯の手入れのしかたを指導し、嚥下機能を向上させる訓練などを行ないます。
閉じこもり予防・支援 家に閉じこもりがちな人に対し、地域の趣味活動や通所施設への参加を促す働きかけを行ない社会参加を支援します。
認知症予防・支援 認知症予防の機能訓練や趣味活動を提供し、運動・口腔・栄養に関するプログラムを提供します。
うつ予防・支援 心の健康相談や訪問による個別の支援を行ない、運動・口腔・栄養に関するプログラムを提供します。

詳細は、市区町村にお問い合わせ下さい。


利用料について

市区町村により、利用料は異なりますので、詳細については市区町村の担当窓口にお問い合わせください。




介護保険トップページへ