介護保険サービス内容

介護保険では、自分が選択したサービスを利用することができます。
要介護認定(1~5)を受けた人は「介護給付(介護サービス)」、要支援認定(1・2)を受けた人は「介護予防給付(介護予防サービス)」を受けることになっています。

要介護度 利用できる介護保険のサービス内容
要介護1~5 介護サービス(介護給付)
  • 在宅サービス
  • 施設サービス
  • 地域密着型サービス
要支援1・2 介護予防サービス(介護予防給付)
  • 在宅サービス
  • 地域密着型サービス
非該当
または、生活機能が低下し将来的に介護が必要になるおそれのある人
介護保険のサービスは利用できませんが、市区町村による地域支援事業の介護予防サービスが利用できます。

介護サービス(介護給付)

要介護認定を受けた人は、介護の度合いに応じたサービスが受けられます。
※ケアマネジャーなどと話し合い、「ケアプラン」を作成のうえ、介護サービスを利用することになります。

介護予防サービス(介護予防給付)

利用者のできるところを見つけ、できる限りの能力を引き出し、要介護度の重度化を防ぐために実施するサービスで、訪問介護や通所介護など既存のサービスを介護予防の観点から見直したうえで、必要に応じて「運動器の機能向上」「栄養改善」「口腔機能の向上」などのサービスを提供します。
※「地域包括支援センター」の保健師などと話し合い、「ケアプラン」を作成のうえ、介護予防サービスを利用することになります。

在宅サービス

自宅で利用するサービス

訪問介護 ホームヘルパーが家庭を訪問し、食事・入浴・排泄などの身体介助や炊事・掃除などの生活援助を行います。
「要支援1・2」の人は、家族などの支援を受けられない場合にヘルパーによるサービスが提供されます。
訪問看護 看護師等が家庭を訪問し、主治医と連絡をとりながら、病状の観察や療養上の世話を行ないます。
訪問入浴介護 看護師、ヘルパー等が移動入浴車で家庭を訪問し、入浴の介護をします。
訪問リハビリテーション リハビリの専門家が家庭を訪問し、リハビリテーションを行ないます。
居宅療養管理指導 医師や歯科医師、薬剤師、管理栄養士等が家庭を訪問し、療養上の管理や指導をします。また歯科衛生士や看護師等が口の中の衛生について指導してくれることもあります。

施設に通所するサービス

通所介護
(デイサービス)
デイサービスセンターで、食事・入浴の提供等、日常生活の世話、機能訓練を行ないます。
通所リハビリテーション
(デイケア)
老人保健施設や病院、診療所等で、食事・入浴の提供等、日常生活の世話、理学療法・作業療法等の機能訓練を行ないます。

施設に短期間入所するサービス

短期入所生活介護
(ショートステイ)
老人短期入所施設や指定介護老人福祉施設に短期入所し、日常生活の介護や機能訓練を行ないます。
短期入所療養介護
(ショートステイ)
老人保健施設や病院、診療所に短期入所し、医学管理のもとに食事・入浴・機能訓練を行ないます。

福祉用具の貸与・購入や住宅の改修

福祉用具の貸与 介護ベッド、車いす等の自立を支援するための用具を貸与します。
特定福祉用具購入費の支給 入浴・排泄に使用する福祉用具の購入費につき年間10万円を上限として後から支払われます。
住宅改修費の支給 手すりの取り付け、段差の解消等の小規模な住宅改修を行った場合に、現在住んでいる住宅につき、20万円を上限として後から支払われます。

その他

特定施設入居者生活介護 有料老人ホーム等に入居している人に対し、介護サービス計画に基づき、食事・入浴・排泄等に関わる介護やリハビリを行ないます。
ケアプランの作成 本人や家族と相談しながら、ケアプランの作成をします。また介護サービス提供機関等との連絡調整を行ないます。ご本人負担はありません。


施設サービス


介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
常時、介護が必要で自宅での生活が困難な人、日常生活上、必要な介護、機能訓練、療養上の世話を受けるための施設です。
介護老人保健施設 病状の安定した人が、家庭復帰を目的としたリハビリや看護、介護を受けるための施設です。
介護療養型医療施設 急性期の治療を終え、長期間にわたり療養が必要な人が、必要な医学管理のもとで介護や必要な医療を受けるための施設です。


地域密着型サービス


高齢者が介護の必要な状態になっても、住み慣れた地域で生活を維持できるように市区町村が主体となって身近な地域で地域の特性に応じたサービスが提供できるよう、地域密着型サービスが創設されました。
市区町村が地域の実情に応じ、整備していくことになっています。 詳細につきましては市区町村にお問い合わせください。

小規模多機能型居宅介護 通いを中心に、利用者の選択に応じて訪問系のサービスや泊りのサービスを組み合わせて多機能なサービスが利用できます。
認知症対応型通所介護 認知症の高齢者がデイサービスセンターで食事・入浴・機能訓練を行ないます。
認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
認知症の高齢者が共同生活を送りながら、日常生活の介護や機能訓練を行ないます。
夜間対応型訪問介護(注1) 夜間の定期的な巡回訪問介護サービスや通報に応じ、随時来てもらうサービスです。
地域密着型介護老人福祉施設
入所者生活介護(注1)
30人未満の小規模な介護老人福祉施設に入所して日常生活の世話等を受けるサービスです。
地域密着型介護老人福祉施設
入所者生活介護(注1)
30人未満の小規模な介護専用型特定施設に入居して日常生活の世話等を受けるサービスです。

(注1)「要支援1・2」の方は、利用できません。



介護保険トップページへ